The Sweetness of Mary -strathspay-

スポンサーリンク

The Sweetness of Mary -strathspay-

スポンサーリンク

楽譜はコチラ

楽曲を弾いてみよう!練習をしてみよう!

スポンサーリンク
STEP 1 : 右手のメロディを覚える(装飾音符は使わないでシンプルに)

まずはゆっくり、ゆっくりメロディを覚えていきましょう!
上手な人の演奏を聴くと、装飾音符や、和音を使ったりしていて様々なテクニックを駆使されています。
ですが、まずは装飾音符をつけないシンプルなメロディで覚えていきましょう!

最初は、装飾音符がついていないシンプルなメロディで歌えるように弾けるように練習しましょう!
私が使っているアコーディオンは、C#/D/G配列という3列のアコーディオンを使っています。
この曲は、D/G配列のみを使って演奏していますので、D/Gアコーディオンをお持ちの方は同じ様に演奏が出来ます♪
蛇腹の動きを意識して出来るだけ、蛇腹の操作が少ない様に演奏をしてみました!線が弾いてある箇所は、閉じる動きをしてます。線が弾いてない箇所は蛇腹を開いて音を出しています!
STEP 2 : 右手のメロディに装飾音符を考えてみる
スポンサーリンク

いきなり複雑な装飾音符をつける必要もありません。
そして、装飾音符は、あくまで装飾ですので、絶対につけないといけない!というものではないと考えております。自分が、ここだと思うポイントで気持ちの良い装飾音符を足して、メロディに味をつけていってみます。

装飾音符は付ければ付ける程、良いって訳ではないという事。
装飾音符は、絶対にこう弾かない駄目、と決めずに、その時の演奏している時の気分や、一緒に演奏している方の演奏を聴きながら、それにあった装飾音符を選択出来ると良いと思います。
上記の楽譜に書いてみた装飾音符は、あくまでほんの一例として見て頂けたら幸いです。

STEP 3 : 左手の和音を考えてみる
スポンサーリンク

ダイアトニックアコーディオンの場合は、押し引きで、鳴らす事の出来る和音に制限があります。
(良く使われるコードは、押し引き、どちらでも演奏が出来るように用意されていたりもします)

パズルの様に、メロディを演奏しながら左手のボタンを押してみて、これが良いな!と思う和音を探りながら自分の好みに合う音を探してみましょう!
左手のコードもつけると、一気に曲としての世界観が色づいてきます。
しかし、左手に囚われすぎてしまい、メロディが死んでしまったら元も子もありません。
メロディを大事に、左手も使っていきましょう!
上記のコードは一例であり、人により当てるコードが違います。演奏する人の音楽性が現れる要素かもしれません。ソロの際は自由に演奏して良いと思いますが、
他の楽器奏者の方と演奏する場合、特に伴奏楽器奏者がいる場合は、演奏する際の
コードの音に注意が必要です。相手の音を聴いたり、事前に相談すると良いかもしれません。

STEP 4 : 左手の和音にリズムをつけてみる

Coming soon

参考にした演奏動画

ボタンアコの演奏はコチラ(色々なキーレイアウトで演奏されてました)
The Sweetness of Mary
The Sweetness of Mary
スポンサーリンク
The Sweetness of Mary
Sweetness of Mary
スポンサーリンク
違う楽器はコチラ
The Sweetness of Mary
The Sweetness of Mary – Fiona Cuthill, Glasgow Fiddle Workshop, Intermediate 2
スポンサーリンク
The Sweetness of Mary
Sweetness of Mary and Rights of Man
Avalon Milleneum Oak Guitar DADGAD Sweetness of Mary
youtubeで聴ける音源はこちら
Eliza Carthy – The Sweetness of Mary – Holywell Hornpipe – Swedish.wmv

↑メインはフィドルかもですが、後ろでなっているアコーディオンがいい感じ!

The Sweetness of Mary / Devil in the Kitchen / Willie Davie / TheSound of Mull / The High Road…
Sweetness of Mary / Captain Campbell / Brenda Stubbert's / Maggie's Pancakes / Superfly
スポンサーリンク
Sweetness of Mary

↑前半のギターのコードがグッとくるところがあります。

Sweetness of Mary

↑ちょっと変わり種

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました