ダイアトニックアコーディオン(Diatonic Accordion)

スポンサーリンク

Diatonic Accordionとは?



アイルランド音楽以外でも、ヨーロッパでは、押し引きで違う音が出る、
ダイアトニックアコーディオンが使われています。
しかし、このボタンアコーディオンなのですが、種類がとても多く、
このサイトの管理人の私も、いざ楽器を購入しようとした際に情報が分からず
困った思いがあります。
ボタンアコーディオンに興味があるけれど、、、
そんな方の手助けになれれば幸いです♪

*右手のボタンの一つが、一色違うのがありますが、一つ取れて無くしてしまい、

木材を削り出して自作したボタンです♪

B/C?C#/D?G/C?D/G?って何?

B/C、C#/D、G/C、D/Gとか、色々な種類があり、迷われる方も多いと思います。
これは、2段になっているボタンの配列を意味します。

国や、地域、音楽性によって、主要な配列が決まっております。
私が今アイルランド音楽を演奏する時に使っているアコーディオンはB/C配列です。
アイルランド音楽では、B/C配列を使う方、C#/D配列のどちらかを使っている方が多いです。
この配列により、ボタンの指使いが変わります。(上記のB/C,C#/Dは半音階をほぼ全て出すことが出来ます。)

B/C配列のボタン配列を見てみよう!

押し引きで、異なる音が鳴る為、最初は良く演奏するDメジャースケール、Gメジャースケールなど、簡単な曲からゆっくり体に馴染ませていくのが良いと思います!
また、細かいスケールやテクニックについては、別に特集してみようと思います。

左手の8つのボタンはどうなってるの?

青色のボタンは、和音ではなく、表記されているベースの音がなります。「C」は「ド」の音になります。

「CM」はCメジャーです。
このアコにはマイナーはありませんが、マイナーは「Cm」という様に表記されます。

アイルランド音楽では、左手を使わずに、右手のメロディだけを使う奏者も多くいますので、必ずしも必須ではありません。
ですが、左手も巧みに使っている奏者の演奏に憧れます♪

上の方に付いているツマミは何の意味があるの?

メーカーにより、ツマミだったり、ボタンになっていたりします。
またこのスイッチは値段やモデルにより付いていない場合もあります。

私の使っているSandpiperというアコーディオンには、左手の上の付いています。
これは、左手のボタンの和音の3度の音を止めることができるスイッチになっています。

このスイッチを使うと
例えばDメジャーの音がなってしまうボタンが、3度の音が抜ける為、Dマイナーの時にも使えるようになったり、複数の左手のボタンを押して7thのコードを作ったりする事に使用したりします。

ボタンアコーディオンの有名なメーカーをご紹介

ボタンアコーディオンも色々な種類のメーカーがありますが、
いくつか有名なメーカーをご紹介します。
私が使っているsandpiperというメーカーのは、値段は10万円を切る安さながら、ハイクオリティなものを作っていたのですが、廃業してしまったのか、無くなってしまいました。残念。。。

各メーカーとも、モデルにより値段は違いますが、10万円〜50万円ぐらいの幅があります。注文してから3ヶ月から半年ぐらいの納期も多いですが、

Gaillard Accordionは2019年の問い合わせで約3年待ちの様でした。

Castagnari
http://www.castagnari.com

Saltarelle
http://www.saltarelle.com

Gaillard Accordion
http://www.gaillardaccordions.com

スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
Celtic-Music-Datebase
タイトルとURLをコピーしました